2015年04月27日

第40話 楽々はんこは楽々じゃなかった

------------------------------------------------------------
これはボーカーゲームズが
ゲームマーケット出展に至る経緯の
赤裸々な記録である
------------------------------------------------------------









カタログが届いた











出展者用らしく

「この冊子では入場できません」

って書いてある





すごい







すごい特別感を感じる!!!











Gの22の欄を見て満足しつつ
カタログの内容を確認する



すると最後のページにこう書かれていた




「いいね!サインラリー」




なんだこりゃ?

詳しく読むとどうやら来場者が
いいと思った出展者に対してサインをしてもらうという企画らしい


出展者と来場者の交流になればという試みのようだ







父「というのがあるらしい」



子兄「ふーん」


父「サイン書くのがアレだったらスタンプ押すんでもいいらしいよ」



子兄「スタンプがいい!!!!!」




父「じゃぁ作りに行こうか」








というわけで


やってきたのは近所のスーパー





目の前にあるのは「楽々はんこ」である



なんとハンコの自動販売機なのだ


これなら簡単にボーカーゲームズのハンコが作成できる






父「さて……」




自販機の前には父





子兄はいない



友達と遊びに行ってしまっていたのだ








文字を打ち込み

フォントを選択して作成実行を押す







画面には「完成まで あと20分」の文字が……







スーパーである




ハンコ自販機の前に佇むおっさん





20分間やることがないのでじっと画面を見てる







……





……





当然人も通る




たくさん通る





なんか店の人が呼び込みとかしてる




「本日オープンの〜〜〜試食が〜〜〜〜〜」






父、その近くで画面を見てるだけ








やめろ!!!





人を呼ぶな!!!!






うう




みられている







見られてるよ!!!






ゲームマーケット出展者はこの苦痛に耐えなければいけないのかっ!!




















あまりにもツライのでおもむろにスマホを取り出し

キャンディークラッシュを始める




ハンコ自販機の前でスマホをやるおっさん


見られている


でもいいんだ!!



僕はゲーマーだから!!

ゲームに逃避するんだ!!!

















こうして何かを引き換えにボーカーゲームズのスタンプを作った












これでサイン下さいって言われなかったらどうしよう





くじけるかもしれない



posted by ボーカーゲームズ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

第39話 ポプルスは神

------------------------------------------------------------
これはボーカーゲームズが
ゲームマーケット出展に至る経緯の
赤裸々な記録である
------------------------------------------------------------








なんとかしなければならない










胸中に渦巻く思いはそれだけだった



とりあえず
ズレ具合でカードを分けてみる



同じズレ方をしたカードで1セットが作れるのなら問題ないはずだ







思惑はうまくいった


ズレて背景部分が見えてしまっているカードと
見えていないカードで仕分けできた。



背景部分が見えているカードはそのカード同士でセットを作る

見えていないカードはそのカード同士でセットを作る







うむ








よし








いける……!!










よかった!

この調子でセットを作っていけば……







いけば…………







…………






















父「死神が足りない」








死神ちゃんというカードは各セットに1枚ずつ入る
このカードほとんどが背景部分が見えているカードになっていた




だが他のカードのほとんどは背景が見えていないカードなのだ





出来たのは……




60セットほど











完売しても赤字である















父「どうしよう」














もはや限界だった



アイディアがない



















ここまでか……
















思えばいろいろあった……









ルールが決まら無いこともあった







イラストが定まらないこともあった







テストが思うように進まなかったり……











なんだか躓いてばかりじゃないか





その度にいろんな人に助けてもらったっけ……













そうだ












今までだっていろんな人に助けられて来たんだ
















どうも一人で抱え込む癖がある


いけない



こういうトラブルの時こそまずは相談してみるべきだった












問題点を整理しよう





解決すべきは死神のカード不足




”背景部分が見えない死神のカード”が手に入れば




なんとかなる







よし






ポプルスさんに追加生産とズレの操作が可能か聞いてみよう





諦めるのは聞いてからでも遅くないはずだ














藁にもすがる思いでポプルスさんに事情説明と
要望をメールを送った。


あとは返事を待つのみであった





つづ









不意に電話がかかってきた








父「うおお!?はいもしもし!!」




電話「お世話になっておりますポプルスですが……」





まさかの電話がかかってきた!!!




メールを確認し、緊急性が判断したポプルスさんは
返信ではなく直接電話してくれたのだ。


詳細を説明しつつ要件を伝える


父「そういうわけで死神のカードだけ追加生産できますか?」

ポプルスさん「大丈夫です」





父「あとズレを調整してカットして欲しいのですが……」

ポプルスさん「大丈夫です」




父「そ、それと納期なんですが……できれば今月中に欲しいのですが……」


ポプルスさん「来週には届けられると思います」
















神だったーーーーーーーー!!!!!











さすが同人一筋40年である


力強い返事で不足分だけを印刷してくれるよう確約してくれた。












かくして、恐るべき悪夢は去ったのだった



よかった……!





posted by ボーカーゲームズ at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

第38話 ズレた悪夢

------------------------------------------------------------
これはボーカーゲームズが
ゲームマーケット出展に至る経緯の
赤裸々な記録である
------------------------------------------------------------





アクリルアイスの数が足りなかった
途端に不安になる


アクリルアイスの追加注文をする前に
他のコンポーネントも問題ないか検証する






まずはカードだ






カードは種類ごとにまとまっているため、
1セットに必要な枚数に振り分ける必要がある


梱包を解いて
机にカードを並べる

そして1セットに必要なカードを取っていって別の山にしていく作業だ



どうもこの作業楽しいらしく子兄が率先してカードセットを作っていく



そうそう。そのカードは1枚でそのカードは4枚で……










ん?









あれ?










父「子兄、ちょっとそのカードの裏見せて」


子兄「はい」












…………








…………










カード裏のイラストが










ずれてる










IMG_20150418_132703.jpg



いや、ズレがあるのは認識していた








だが思った以上にズレが大きい






これでは裏面を見ただけで
なんのカードがわかってしまう!!!!!















ざざざざざざざざ(血の気の引く音)








ざざざざざざざざざざざ(血の気の引く音)











ざざざざざざざざざざざざざざ(血の気の引く音)






















やべえええええええええええええええええええええええ
















事前確認もあったのに!!!!


イラストをフチ有りで指示することも出来たのに!!!!


回避するチャンスはたくさんあったはずなのに!!!!!!!












コレは……







コレは完全に自分のミスだ……!!













悪夢だ








信じたくない








いろんな人に協力してもらったのに


ねべすさんにはイラストを沢山描いてもらったのに













こんな……




こんなのってない……


















じわり











背中に汗がたまる











父「どうしよう?」







子兄「やばいね……」










そう言って子兄は寝た







夜10時過ぎたので寝た






健康的だ















泣きたい



















※へんしんパニックはちゃんと頒布されます!!


posted by ボーカーゲームズ at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。