2016年12月30日

マリオメーカーのスピードランに見るゲーム制作



先日久しぶりに息子たちと一緒にマリオメーカーをプレイした。




マリオメーカーとは自分でマリオを作って遊ぶゲームである。





発売当初はかなり話題になり、
通常のコースでは飽き足らず、全自動でゴールするコースや
音楽を演奏するコース。四則計算を行うコースなど多岐にわたった。

しかしそれもだいぶ落ち着き、ゲームとしてはもはや下火になった。


そう思っていた。








長男「スピランやらせようぜ!」



父「スピラン?」


長男「これこれ」






そういって出してきたのは誰かが作ったスピードランニングという名前が入ったコースだった。


可愛い息子の頼みだし、ちょっとやってみるか。











こ、これは……!!











面白い!!!!














だいぶ下火になってきたこのゲームで、

このタイミングでこんなコースが出来るのか!?


これはすごい。

すごいぞ!!












スピードランとは残り時間が非常に少ないコースで、
とにかくスタートからゴールに向かって走り抜けることをコンセプトにしたものである。


そのため、コースの作りもバネでの加速やダッシュしながらのアクションに特化している。


これが面白い。



短い時間なのでコース自体はそれほど長くない。



しかし、走りながら自分で瞬間的に判断してジャンプしたりメットを投げたりする。
どんなものが出てくるか死んでは覚え、覚えては死に、クリアを目指すのだ。



クリアするときはその名の通りスピードに任せて走り抜けてゴールするので快感がすごいのだ。


実によくできたコースである。マリオメーカーを持っている人で
まだスピードランを遊んでいない人はぜひやってほしい。






そんなわけですっかり気に入ったので





父「よーし!パパ、スピードランのコース作っちゃうぞーーー!!」





となるわけである。








早速コースづくりをやる父とそれを見守る子供の図の完成である。







時間は10秒。ごくごく短いコースを作り上げる。



父「うむ。いいぞーいいのが出来たぞー」








一人満足していたがここで物言いが入ったのだ。



次男「いや、パパ。ここは2マスじゃなくてもっと開けたほうが良いよ」


父「え?なんで?」


次男「2マスだと引っかかる」


父「別にいいじゃん。引っかかっても時間内にはクリアできるんだし」



次男「いや。だめだ。









  爽快感がなくなる」











父「そ、爽快感!!!!」












次男「あと、最後のところも走り抜けてゴールできるようにここにバネを置いたほうが良い。

  それから、コインをもっと通り道に置いたほうが良い」







父「そ、その理由は……?(ごくり)」











次男「爽快感が出る」















父「そ、爽快感!!!!!!!!!」













まさにその通りなアドバイスであった。





少し前にコースを作っていた時に息子に言われるアドバイスは「ここにもっと敵を置けば面白いんじゃね?」
とか「ここに孔明の罠を作って」などといった鬼畜仕様にするためのものだった。
それを私が「難しくしすぎても面白くなくなる」と採用してこなかった。


しかしスピードランについてはどうだろう。


むしろ難易度を下げてプレイヤーが気持ち良くクリアできるような指摘をしているのだ!


これは子供がゲーム論的な深い考察を突然身に着けたわけではなく
「スピードラン」というものは「こういうもの」という基盤が出来ているからなのだ。


つまり、「走りを妨げるようなことをしてはいけない」「とっさの判断に必要な材料は用意しておくべき」
といったっ作法が出来上がっているのだ。これはすごいことだ。


世のスピードランコースはすべてこの思想が組み込まれている。

その根底には「マリオの面白さはこれだ!」「この面白さを味わい尽くすコースづくりはこれだ!」といったマリオ愛。

そして深いマリオへの理解が垣間見えるのだ。











父「で、できた!」




次男「いいんじゃない?」


長男「とうこうしよう」






我ながら良い出来だ。

きっとこの作法を守れば誰もが楽しいマリオコースを作ることが出来る。
時間も短いから気軽に楽しめるコースが増える。



いいことだなぁ。







父「すごいなー最近はこういうのがあるんだなー。
  そういえば、このスピードランっていつ頃から出てきたの?」









長男「だいぶ前だな」







次男「半年以上前」























俺が知らないだけだった















でもおススメですよマジで!!!!!!!

posted by ボーカーゲームズ at 14:36| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。