2015年01月24日

第4話 ポストカードゲーム

------------------------------------------------------------
これはボーカーゲームズが
ゲームマーケット出展に至る経緯の
赤裸々な記録である
------------------------------------------------------------



父「ポストカードゲームを遊ぼう」



子弟「ひゅーーーーーーーー!!」


子兄「なにそれ?」




父「ハガキだけで作られたゲームだ。ゲーム作りの参考になると思う」


子兄「ふーん」


父「結構たくさん買ったから片っ端からやっていこう」


子弟「いぇーーーーーーーーーーーー!」




父「まずはこの”ハジキュー”からだ。バレーボールのゲームみたいだが……」

子弟「やりたい!!!」




父「サーブ側からおはじきをはじいてアウトになったら相手に1点。相手のおはじきにあたらければ1点」

父「相手のおはじきに当たったら相手がその場所から打ち返すようだ。ブロックとかもある見たいだ。これを繰り返すみたい」

子弟「やりたい!!!!!!!!」






父「じゃぁやってみようか。おはじきを置いて……」





ぴしっ!



ひゅん




父「ああ、アウトだ。これ結構難しいな。子弟の番だよ」




子弟「……ていっ!!!」



ぴしっ!





かーん!





父「あ、こっちのレシーブに当たった。次はこっちの番だな」



ぴしっ



ひゅん






父「ああ……アウトだ」





ぴしっ






ぴしっ






父「ううむ、負けた」



子弟「面白い!」


子兄「俺もやりたい」


父「二人でやってごらん」







父(しかし……)





これはよく出来たゲームだ。


「おはじきをはじく」というアクション依存のゲームかと思いきや

レシーブかブロックかの選択。

その上でどの位置におはじきを配置するか。

さらに相手の配置に対してどうはじくか。

いろんな要素が絡み合ってジレンマを生み出している。

そして、すべてバレーボールっぽいのだ。


テーマとがっちりかみ合っている。



父「いい参考になったな。さて、じゃぁつぎのゲームを」

子弟「もう一回!!」




父「ああ……まぁ、いいけど」






…………


……






父「終わったか。じゃぁ次を……」

子兄「もう一回!!」




……







子弟「もう一回!!」










子兄「もう一回!!」








父「…………」











その日はハジキューだけをプレイして終わったのだった




posted by ボーカーゲームズ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。