2016年11月07日

多すぎるゲームは何を生むのか




ゲームが多すぎる






1年間に発売されるゲームが多いのだ。

とにかく多い。




この記事は2014年時点であり、なおかつ国際的に販売されているものに限られている。
つまり、2016年現在で同人ゲームも含めると下手をすると倍以上になる可能性だってある。



2000タイトル。



無理だ。多すぎる。

遊びつくすことすらままならない。





この流れは加速していくだろう。


なんせボードゲーム作りは敷居が低く間口が広い。そして懐も深い。
アイディア一つで参入できるのがボードゲームのいいところの一つである。


そして誰しも一度はゲームを考え、作ろうと思うだろう。


ゲームを作るのはもはや抗えない欲求なのだ。



4大欲求の4つ目は「ゲーム作り欲」だといっても過言ではなかろう。





そんなわけでゲームはどんどん増えていくだろう。




さて、ゲームが増えるとどうなるだろうか?

既に消費者は発売されるタイトルをすべて把握しきれていない。
何かで取り上げられたとか、仲間内で話題になったとか
「知るきっかけ」がないと存在すら認識できない状態になっているのだ。



これが加速していきいよいよ収拾がつかなくなった時、
このゲーム過多を解消するために「ジャンル分け」が行われるだろう。

このジャンル分けは生半可なものではなく、かなり大々的な切り分けである。
ジャンルが異なるものは「別物」として取り扱われるだろう。

今のTRPGやTCGのように切り分けられるのである。


切り分けの基準は消費者の需要によって決定される。

つまりゲーム制作者が考える「ターゲット」が基準となるのだ。







なんか未来予想みたいな流れになってしまったのでついでにどんなジャンル分けになるかも予想してみよう。
おそらく次のようになると思う。

・パーティーゲーム

・戦略ゲーム

・協力ゲーム

・謎解きゲーム

・人狼ゲーム

・TRPG

・TCG



既存のボードゲームはパーティーゲームと戦略ゲームに分けられる。
ファミリー向けで手軽なゲームがパーティーゲームに。ゲーマー向けで重いゲームが戦略ゲームに分類される。
この中でさらに「小箱ゲーム」と「大箱ゲーム」に分かれることもあるかもしれない。

基本はこの2つに分けるのだが
ターゲットが特殊なため、あえて分かれるジャンルがそれ以降のジャンルだ。
熱心なファンがおり、かつそのジャンルだけでかなりの数が発生するであろうゲーム達だ。


ゲームマーケットはいずれこれらのジャンルで区画分けされ、
消費者は自分好みのジャンルの作品の場所にしか行かなくなる。

そうしないと把握できなくなるからだ。




これはあくまで個人的な予想に過ぎない。
しかし、可能性は大いにあるだろうと思う。




もしこれを意識するならば、
ゲーム作者はこのジャンル分けをある程度意識してゲーム作っていたほうが良いかもしれない。








つってね。

posted by ボーカーゲームズ at 23:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。